事前に行動を考えておこう

緊急事態に備えることが大切

災害が起こったら、どこへ避難するのか覚えておきましょう。 自宅にいた方が良い場合もありますし。避難が必要になることもあります。 その時の災害の種類によって、最も良い選択をしてください。 また避難場所やルートを間違えないよう、事前に調べておきましょう。

非常用持ち出し袋を備えておこう

いつ災害が起こっても良いよう、非常用持ち出し袋を準備しましょう。 非常食やタオルなど、災害時にあれば便利な物を入れてください。 災害が起こった時にすぐ持ち出せるよう、目立つところに保管しておきましょう。 必要な物が揃っていれば、避難生活が少しは楽になります。

安全な服装で避難しよう

急いで避難先まで移動しないといけないと思っている人もいるでしょう。 確かに、早くしないと命が危険にさらされることがあります。 ですが避難に適した格好をしていないなら、きちんと服装を整えてから避難してください。 何も準備していない恰好では、避難中にケガをします。

避難する時のルートを把握する

災害は、いつ起こるか分かりません。
1分前までは平和だったのに、急に災害が起こることだってあります。
何も避難のことを考えていないと、緊急事態の時に慌てます。
慌てると、正しい判断ができないので命を落とす危険があります。
事前に、災害が起こった時はどのように避難すれば良いのか調べておきましょう。
心構えをしていれば、急に災害が起こっても冷静に避難できます。
自分だけでなく、家族や友人に避難を呼び掛けることも重要です。

決められた避難先に向かうこともあるでしょうが、近所に1人暮らしの高齢者がいた場合は無事に避難できたのか確認することも忘れないでください。
高齢者は、誰かの手助けが無いとスムーズに行動できないかもしれません。
緊急事態の時は、近所同士力を合わせて避難することが大事です。
周囲に住んでいる人の、簡単な情報も事前に知っておきましょう。
すると災害時に手助けが必要な人が、どこにいるのか分かります。

また避難する時は、非常食なども持って行ってください。
避難できたのは良いけれど、食料が無いと困ります。
普段から1か所にまとめていれば、災害が起こった時にそれを持って行けば良いだけなので楽です。
急に災害が来るので、その時になって食料などを用意することは不可能です。
普段から何が必要なのか考えて、準備しておきましょう。
リュックだと背負えるので、両手が開いて便利です。
できればリュックに、災害時に必要なものを入れましょう。