事前に行動を考えておこう

>

避難が必要なのか判断しよう

地震が起こった時は、住んでいる場所によって避難した方が良いのか変わります。
海沿いで暮らしている人は、津波の被害に遭う恐れがあるので急いで避難してください。
地震が起こってから、何分後に津波が来るのかニュースを見ると分かります。
それまでに、避難を終えてください。
高台に行くことで、被害に遭わずに済みます。

実際に地震が起こった時は、どこに避難すれば良いのか調べてください。
また災害が起こっている時は、たくさんの人が避難しようとしています。
道路が混んでいて、先に進めない可能性があると覚えておきましょう。
車で移動していると、渋滞に巻き込まれる可能性があります。
足腰が丈夫な人は、徒歩で移動した方が良いかもしれません。

避難に適している場所の条件

災害が起こったら、広い場所に避難しないといけません。
ですが広くても、周囲に大きな建物がある場所はおすすめできません。
地震が起こった時は、衝撃で建物が崩壊する恐れがあります。
大きな建物のそばにいると、建物が崩壊した時に落下物に当たってケガをする可能性があり危険です。
広くて、周りに何も無いところが避難場所に適しています。

瞬時に安全な場所を判断して、そこに向かってください。
急に考えるのは難しいので、前もって自宅の付近で安全な場所が無いかチェックしてください。
自宅から何分くらいで行けるのか、どのルートを通って行けば最も安全なのか確かめましょう。
すると実際に災害が起きても、そのルートを通って行けば大丈夫です。


緊急事態に備えることが大切

この記事をシェアする