事前に行動を考えておこう

>

軍手をすると安全性が増す

外では、何が起こっているか分かりません。
ガラスが周辺に飛び散っていても良いように、長そで長ズボンで避難しましょう。
さらに身体を守れるように、軍手をしてください。
何かに捕まって避難しなければいけない事態もあると思います。
素手で触ると、ケガする可能性があります。
軍手をしていれば、手を守れるので用意しましょう。

また寒い時期に災害が起こることもありますが、軍手をしていれば防寒具代わりになります。
あればいろんな場面で役立つので、軍手を非常用持ち出し袋の中に入れておくことをおすすめします。
防寒具として、上着もあると良いですね。
避難所の暖房が震災の影響で、壊れていることが考えられます。
身体を温められる服装をしましょう。

履き慣れたスニーカーで避難しよう

すばやく移動するために、普段履いているスニーカーで避難してください。
長靴で避難しようと考えている人もいますが、水が長靴の中に侵入して移動しにくくなることが考えられます。
川の中を歩いて避難することになるかもしれません。
その時に長靴だと上手く歩けませんし、最悪の場合は流されてしまいます。

スニーカーならどこでも、すばやく移動できます。
いくら急いでいるからといって、何も履かないで避難することは絶対にやめてください。
裸足だと、避難している途中に何かを踏んでケガをします。
すぐ取り出せるところに、履き慣れたスニーカーを置いておきましょう。
災害が起こった際はスニーカーを履いて、急いで避難場所に向かってください。


安全な服装で避難しよう

この記事をシェアする