事前に行動を考えておこう

>

食料を備えていると安心できる

人間は、食べ物が無いと生きることができません。
せっかく安全な場所に避難しても、食料が無いと生活を送れないので命の危険にさらされます。
非常食を持って行く意識を忘れないでください。
家族分の水と、日持ちする食料があれば大丈夫でしょう。
家族の人数が多いと、それだけ食料の数も増えます。

1人で持って行くのは大変でしょうから、みんなで分担して持って行きましょう。
災害が急に訪れても良いよう、前もって非常食を用意している家庭があると思います。
とても良いことですが、非常食にも賞味期限があります。
また特殊な調理が必要になる非常食もあるので、作り方を覚えておきましょう。
定期的に食料を普段から食べて、追加するのが良い方法です。

携帯トイレを用意しておく

非常用持ち出し袋の中に、非常食を入れるだけで満足する人がいます。
確かに非常食も大切ですが、他にも忘れてはいけない物がたくさんあります。
例えば、携帯トイレもあれば非常に役立ちます。
避難先にもトイレがあるでしょうが、たくさんの人が避難先に集まっています。
トイレを使いたい人がいっぱいいて、自分のしたいタイミングで用を足すことができない可能性があります。

ガマンするのは身体に毒なので、用を足したいと思ったらすぐできるよう携帯トイレを備えておきましょう。
簡易的なカーテンで、壁を作れるタイプもあります。
するとトイレだけでなく、着替え場所として使えるので便利です。
携帯トイレも非常食と同じように、家族分用意しましょう。


非常用持ち出し袋を備えておこう

この記事をシェアする